釣った魚を食らう(俺流)
(只今工事中。写真などしばらくお待ち下さい)


釣った魚はおいしくいただくのが魚への恩返し。
旬の味をいただくには料理のバラエティーを増やすことが大切ですね。
自分で料理するのが釣り師の醍醐味なのです。

調理法 調 理 法 ・ 注 意 写真(イメージ図)
造り(刺身) 造りは鮮魚の基本。以下の点に気をつけて!
・手の熱を極力とりましょう。
内臓や血を包丁や身に付けないようにしましょう。ついた場合 は,付近やキッチンペーパーで拭きとり ましょう
・盛り付けは包丁人の力量!
・時にはマツカワ造り(湯引きの皮付き)で皮のうまみを!
【お勧めの魚】グレ,青物,カワハギ,スズキ,イサキなど何でも!
*山陰の漁師さんはうろこも内臓もそのままの冷凍魚(タイ系)も刺身にするそうです。
煮付け 自分流の煮付けは,潮煮付け
だし汁と塩だけで煮付けます。最後に香り付けで少量の醤油を入れます(酒やみりんはお好みで)。魚本来の味わいが楽しめ,醤油ぎっとりの煮つけが苦手な人にもお勧め。
【お勧めの魚】カワハギ,メバル,イソベラ(最高!)
たたき(あぶり) 造りに飽きたらお勧めです。カツオのたたき同様3枚おろしを直火やフライパンであぶり,表面を焼きます。造りのようにスライスしたら,玉ねぎ,しょうが,ミョウガ,長ネギ,にんにくなど好みの薬味たっぷりにして,ポン酢をドバッとかけていただきましょう。いくらでも食べられます。
【お勧めの魚】グレ,イスズミ,カマス
塩焼き 最もポピュラーな調理ですが,かまやかぶとも焼いていますか?隠し包丁や薬味をはさむなど工夫も味わいを広げるコツ。
【お勧めの魚】マダイ,スズキ,イサキなど
ホイル包み焼き 妻の18番をぱくり。アルミホイルにバターやマーガリンを敷き,隠し包丁を入れた魚にきのこや玉ねぎ,長ネギなど好みの具を入れたり乗せたりし,塩コショウベースにマヨネーズ,味噌などで味付け。
【お勧めの魚】メバル,カサゴ,アコウ,タチウオなど白身
たたき・なめろう 三枚おろしの皮を引き,とにかく包丁でたたく。または,たたかずに細かく切る。その身にねぎやしょうがの薬味をたっぷりと混ぜ,醤油ベースでいただくのがたたき,味噌ベースでいただくのがなめろう。
【お勧めの魚】アジ,ベラ
潮汁(うしおじる) 魚のあらは捨ててはいけません。余った身とともに潮汁にしましょう。魚のだしと潮の香りで料理のともに最高です。水に粉末だし,魚のあらを入れ,軽く塩で味付けするだけ。ねぎやわけぎは必須アイテム。
青物はみそしるがいいのでは。
【お勧めの魚】カワハギ,チヌ,スズキ,マダイ,イサキなど
鍋物 言わずと知れた魚の食し方。皮付きの刺身様をしゃぶしゃぶにしてもよし。(同じクラブの二摩さんはいつもグレをこうして食べてます)*
写真はチヌしゃぶ?の段取り。妻は2枚でギブアップ。なぜ?
寿司 土曜日に日帰りで爆釣したときなどは,時間をかけて下ごしらえし,日曜に友を呼んで寿司パーティーとしゃれこみましょう。
注目!和風の
カルパッチョ
これは受けます!和風カルパッチョ!魚は何でもOK!
薄造りにして、たっぷりの塩コショー。その下にレタスや
サラダ菜を敷き詰めて、一緒に食します。おっと!大切なことを忘れとった!!!塩コショーの後に必ずごま油で混ぜ込むこと!これが和風カルパッチョの決め手です。酒が何ぼでも飲めますよ!
とびっきりの写真は
しばらく待ってね!

*解凍のコツ(関西竿友会:原さんの弁〜塩水につけながら解凍するとうまみが逃げないし,味がぜんぜん違います!)

魚種 よく調理する一品・コメント
グレ 何と言っても刺身。鮮度が勝負。活け〆をうまくする。たたき(あぶり)も旨い。
マダイ 特別上物(産地次第)でないと刺身は近年いまいち。焼く・煮るがタイの持ち味を引き出す。
チヌ うまくない。でも良く釣れる。小型の塩焼き以外に何か良い手は?
スズキ 漁場の旬を見極めさえすれば,何をやっても旨い。
イサキ ズバリ何をやっても旨い高級魚。とりわけ焼き物がいい。
青物
(ヤズ,ヒラマサ,アジ)
やはり造り。カマやあらは貴重品。40cm以下のものは脂がないのでリリース。アジはもちろんたたき・なめろう。赤身が褐色になっても新たなうまみに感動。
イソベラ 煮付けは最高。ひそかにリリースしない外道はこれが一番(釣友も同意見)。
メバル・カサゴ 煮付けの代表魚。上記の潮煮付けがいい。個人的にはカサゴの勝ち。
カワハギ 造りでもやはり薄造り。ポン酢で肝といただく。肝はあまり壊さないほうがいい。
イシダイ 個体差があるようで(広島アングラーズ:松田さん弁),いいものは何をやっても旨い。
亀の手 これは魚ではありません。宇和島のものが最高です。塩茹でで,つまようじで全て食べましょう。
肝臓の特効薬です。酒飲みのあなたに。


                                 
             PAGEにもどる