釣果レポート

海外の釣り・他
2010.8月22日 フィジー ビチレブ島南西部沖 
  
(世界を釣る!第7弾)今こそ告発ぢゃ!
     海外のやる気のない釣りガイド
      釣 果 : なし(キハダマグロらしきヒット1回のみ)
      レ ポ:夢の楽園フィジーに行ってまいりました。楽園・・・の「楽」とは,楽しいでなく,
           楽チンの「楽」か,と思わせるような現地の皆様・・・。そう,何もかもTake it easy.
           目から火が出ている炎の釣り師を見てもペースはまるで変わりません。
     【Communicaitions】
      「早く行こ〜や」:「コレカラジュンビネ」(まじかい!)
      「さあ,行くで!」:「アッ,デンワネ」(またかい!)
      「コレドウグネ」:「何じゃこれは」(竿先が折れている!ガイドが1個ない!)
      (ルアーの塗装がはげて,針は全部錆だらけ,リールのハンドルがとれるぅ!)
      「Hey!!マグロ跳ねた!ナブラぢゃ!!」:ナブラのド真ん中にボート移動
      (逃げるわ,そんなもん)
      「ツレマセンネ。サビキニスルヨ」:「おい!コマセ無しかい!」

      かくしてヒット1回。針に乗るが,刺さりません・・・
      彼はサーファー。世界有数のサーフィンポイントを自慢げに紹介してくれました。
      (「I want a fish only!」)心の叫びも馬耳東風・・・釣れなかったのはアンラッキー
      だそうです。・・・ああ・・フィジーまさに楽園。
    
   FIJIの松田優作?くん。釣らせる気なし    はじめは一応張り切ってみる   
    
    
  見よ!このおんぼろタックル!レンタルではつれません!fijiの友はこいつだけ。


世界を釣る 第6弾!
  
2008.8.19 タイ ブーンサムラン湖
   
タイのメコン大ナマズ釣り

       釣 果:メコン大ナマズ120cm〜160cm 6頭!!
   
  ル ポ:テレビで見たタイの超巨大魚釣り。ついに実現しました。
         タイ観光の後の最終日,現地ガイドとともに釣りに挑みます。
         スタイルは米ぬかを使った吸い込み釣り。ナマズに絞った釣りですね。
         細かい作業はガイドにまかせ,当たりからがこちらの出番です。
        開始15分,いきなりリールがウイーン!!と逆転。さあ,やり取りの開始です。
        何て強い!ドラグが出っ放しです。走りも止まりません。やり取りすること15分,
        水面から現われたのは,およそ120cmのメコン大ナマズ。でかい!感動です。
        しかしその後,腕がパンパンにならない程度に当たりがやってきますが,7本(頭)
        もかけると全身運動による疲れもピーク。これはまさに格闘技。
        しかし,このとんでもない引きが病みつきになってきます。一生もののこの巨大魚釣り,
        お勧めです!!
            
  
こんなタックルです(発砲ウキに吸い込み仕掛け)     余裕?足元ではきついんです
      
   一頭目はおよそ120cm。ガッツポーズ!       最長寸は160cmくらい。ガイドも重そう

      
 
 妻も釣りましたが,体力的に完走は無理です。       おりゃぁ!20kgじゃあ!
                 【動画でご覧下さい!】
               
  釣りのご案内:ネットからの予約で,一人当たり4300B。タイのオプショナルツアーでは破格の
         料金ですが,送迎・釣り具レンタル・エサ・豪華昼食込みで一生モノの思い出が残る
         とあれば,私は安いと感じました(ウェンディングツアーズ)。皆さん!いかがですか? 



  世界を釣る第5弾!ニューカレドニアの釣り
      
             2005.8.19 ニューカレドニア ヌメア沖
      
釣 果:
(アマ)タイの仲間、フエフキの仲間がいっぱい!

       ル ポ:
トローリングは10万円仕事なので、ニューカレドニアでもボトムフィッシングつまり、簡単な
            えさ釣りを挙行。10号程度のオモリに30cmのハリスをつけただけの簡単な仕掛けで、
            底を流し釣りで狙います。カレドニアは真冬?なので、食い渋りを予想していたのですが、
            ふたを開けてびっくり!1投目から入れ食いモード!32cmまでの小型でしたが、安価
            で釣りを楽しめました。GTやハタ類はちょっと高嶺の花でした・・・
              
                 こんなのが入れ食い                 途中経過です
          (後でレストランで調理してもらいましたが
              味は最高!アマダイに似ています。)

       旅のご案内:ニューカレドニアといえば「天国に一番近い島」をもつ世界有数のきれいな海があり、
            釣りの他ダイビングなどのマリンスポーツが特に有名。
            ちなみに今回の釣り(サウスパシフィックツアーズさん)は日本円で約6500円もちろん
            釣具込み。親切でジョークの楽しいキャプテンがポイントまで案内してくれます。ラッキー
            な日には大物にもめぐり合えたのですが・・・。
             また、シュノーケリングもメトル島まで行って挑戦しましたが、その美しさや魚種の豊富
            さには感動の一言!バラフエの仲間の何百と言う群れには声も出ませんでした!GTに
            も巡り会え、一緒に10mくらい泳ぎましたよ!
 
            
              妻だって何ぼでも釣れる釣れる         きれいなサンセットで乾杯!


世界を釣る 第4弾!

 8.19・20 夢の遠征!オーストラリア・ケアンズ
  【波止編】
     釣果:0当たり皆無!!
     ルポ:世界の一級釣り場でも、どこでも釣れるというものではありません。
         japanese 「iso」 style 完敗です。まあ、2時間の釣りですが・・・
                
                   (世界を釣る!第1弾は完敗)

  【湾内餌釣り編】
     釣果:ブルーサーモン1、コトヒキ多数、キャットフィッシュ1、イシモチ2、豪州風イサキ2の
         5目達成です。
     ルポ:親切な日本人キャプテンにケアンズ湾内を案内され、えっ!こんなところで?というポイント
         でさまざまな魚種が出てくるのです。タックルは本当に大雑把。2m程度のルアー竿に
         8号程度のおもりをつけ、ハリス8号のぶっこみ釣り。餌は小魚の活餌、魚の切り身、
         えびなどです。それでもハリスの長さやおもりの大きさをこまめに変えていただき、
         40cm前後の魚を数釣らせてもらいました。季節さえよければGTやクイーンフィッシュ、
         マングローブジャックなどの超大物が同じ場所で出るとのこと。やはり豪州恐るべし。
         O$98。現地予約で十分です。
    
      (左:ブルーサーモン40cm、中:奥さんの釣ったイシモチ35cm、右:キャットフィッシュ45cm)


  
【バラマンディー編】
     使用うき:円錐5B。するするにて使用
     釣 果 :バラ15匹くらいかな?40cm〜52cm)
     ル ポ :ケアンズに行けばバラが釣れる!とインターネットで検索した結果、冬は釣れない。
           夏も釣れないで有名・・・と書いてありまして・・・現金な私は管理釣り場のツアーへ
           迷わず参加したのでありました。それでも1人平均3〜4匹というからあの暖かいケア
           ンズでも冬は冬なんだなあと痛感。気さくなガイドさんが、「タックルを持ってこられて
           いるんならいろいろ使ってみてください。そのほうが楽しいですよ。」とナイスアドバイス。
           日本の磯釣り師としては、ここはやはり恥を忍んで磯タックルでしょう。そして、第1投
           目から「ボコッ」というすごい出かた。強烈な引きが味わえました。レバーブレーキでの
           やり取りはきっと私がこの釣り場始まって以来でしょう。ガイドさんもちょっとやらして
           みて・・と日本の最新のリールに満足。普段食っているペレットでも波止でも使った
           スーパーの剥きえびでも釣れました。みんな固い竿で苦労している中、一人バンバン
           にかけてやり取り。日本の釣りのレベルの高さを改めて感じます。とにかくあたりの
           出方がすごい!猛烈な勢いで食ってきます。そして駆け引きが最高!(ハリスも2匹
           でぼろぼろです)ケアンズ滞在最終日で最高の思い出ができました。ちなみにルアー
           でチャレンジしている人は4人で1匹のみ。デンマークからの家族は3匹。どうだ!
           日本の釣り師に恐れ入ったか!(でもネイティブな釣りでメーター級が本当はほしかっ
           たんですけど・・)O$98でした。
                 
             (左:バラ最長52cmを2人で 右:世界を釣った満足な顔、バラは迷惑そう)

 旅の思い出
    釣りばかりではありませんよ!Gバリアリーフにも行きました。シュノーケリングしているとメーター
    級のGTやクイーンフィッシュがチョロチョロ、海がめに抱っこもしました。澄み切った海に美しいサンゴ
    これは一生に一度は見てみたいもの。ケアンズって本当にいいところです。簡単な英語でも十分通
    じるし、食べるものもうまい。(えび類とマッドクラブという蟹はなかなかいける)冬でも最高28度くらい
    あり、湿気もないし、再度長期滞在したいところです。オプションを除けば15万円くらいで旅が楽しめ
    るのですから。



                             


                          PAGEにもどる